Site Loading

ダイレクト型自動車保険のメリット・デメリットを理解しよう


ネットで自動車保険を契約するメリット

インターネットを使った契約を行うダイレクト型の自動車保険に関心を持つ人は少なくありません。ネットで契約する自動車保険にはメリットも大きいですが、少なからずデメリットも存在しています。理解して契約をすることが望ましいでしょう。

第一のポイントとして、保険料を安くできることです。余分な特約をつける必要がないため、保険料を徹底的に抑えることができます。また、代理店を通すことなく契約できるため、余分なマージンの分を支払う必要もありません。更にネットで申し込むことによる専用の割引を実行しているところも少なくないため、数万円単位で安くなる場合もあります。それ以外にも加入が簡単に済むことや、事故にあった時に直接やり取りできるなどのメリットも大きいです。

自動車保険のネット契約にはデメリットも

メリットも大きい分、デメリットを後から知って困惑する人も少なくありません。特に大きなポイントとして、自動車保険の特約についてです。実はダイレクト型の自動車保険の場合、どんな特約が自分のライフスタイルに必要なのか、よくわかっていないと損をしてしまう可能性が高いといいます。事故に遭遇した時に特約がついていないと、補償を受けられないからです。どんな特約を自分でつけたらいいのか、どれくらい費用がかかるのかなどを把握して契約をしなければ、損をしてしまいます。そのため、保険についてある程度基礎的な知識を理解しておくことが必要です。

また、事故の時にダイレクト型の場合にはオペレーターを通じて直接やり取りができますが、担当者が駆けつけてくれないところが多いため、不安を感じやすくなる人もいます。事故ではなく故障などの時にはロードサービスを適用することが多いです。

自動車保険とは、自動車事故で相手を死傷させてしまった場合に損害を補償するための保険です。車の所有者が必ず加入しなければならない自賠責保険と自分の意思で加入するか決められる任意保険があります。

Close