Site Loading

社会労務士は何をするの?仕事内容について紹介


社会労務士の役割とは

社会労務士は、社労士や社会保険労務士とも呼ばれている労働法や社会保険に関する専門家です。社会保険や労働に関係する問題への対処を行い、健全な労働環境を維持し労働者の福祉に貢献することが主な役割です。社会労務士は国家資格であり、社会保険や就業規則に関する書類の作成の代行は独占業務とされており、社会労務士の資格を有していなければなりません。労働保険や社会保険は小規模な企業や一部の職種を除き、加入する義務があります。これらの手続きや書類作成には手間がかかりますし、専門的な知識も必要です。そこで、複雑な手続きを代わりに引き受けることで、企業が業務に集中できるようにするのが社会労務士の役割なのです。

社会労務士の働き方とは

社会労務士の主な職場の一つが社労士事務所などの専門事務所です。事務所の顧客となる法人や個人から書類作成の代行や労働問題の相談を受けます。これらの業務に携わるのは実務経験が少ない社労士が多いです。また、事務所ではなく社労士法人も主な職場となります。社労士法人では大企業の事務作業を複数人で取り組むようなケースも見られます。顧客となるのは人事部長や社長などの責任者クラスです。働いている社労士も経験豊富な人が多い傾向があります。社労士は一般の企業の総務部や人事部に勤める場合も多いです。自社内に社労士がいれば業務を外部委託するコストが小さくなります。就労規則を作成するにしても、自社の人間の方がより適切なものが作れるでしょう。企業で経験を積んで独立を目指すような働き方もあります。

社会保険労務士の就業規則は、労務管理の専門家が作成したものです。最新の法律に精通しているため、未然にトラブルを防ぐことができます。

Close